効率が上がるハト駆除方法

ハト駆除を行う際に役立つ道具

ハト駆除を行う際に役立つ道具 ハトは法律で守られているので許可なく処分することはできません。
もしも卵や巣を発見しても勝手に移動させることはできないのです。
それだけにハト駆除は難しいものとなっています。
しかしハトを寄せ付けないために役立つ道具はあります。
ハトが近寄って来ないようにするにはハト駆除用のネットを使うのが最善の策です。
しかし中途半端にネットを使うと、逆にハトにとって住みやすい住居を与えてしまうことになります。
ネットは隙間の無いように使い、侵入できないようにしましょう。
ベランダに手摺がある場合はワイヤーを設置するのも良い方法です。
ハトはどのような場所にも留まろうとしますので、留まりにくい場所にすることが大事です。
手摺が無いベランダの場合は忌避剤を塗布するのも良いでしょう。
忌避剤はハトが嫌う臭いを発生させるので効果的です。
磁石をぶら下げるのもハトを遠ざける効果があるとされています。
鳥類は強い磁場の中では感覚が狂うことが要因です。

ハト駆除の道具の種類

ハト駆除の道具の種類 プラスチック製のトゲトゲしたシートをベランダの手すりに撒きつけハトが止まることを防止します。
テグスを何本か張るのも効果的です。
その場合はハトが止まったときに首から胸にかけて糸が触れるぐらいの高さがハトが不快に感じるそうです。
もし巣を作られていたら巣の回りをテグスで囲います。
ベランダの外に面したところをネットで覆います。
ただし隙間があるとそこから侵入される場合があります。
見ためも悪く、マンションの場合は管理人に確認を取ることをお勧めします。
ハトが嫌がる匂いの忌避剤を撒くのも効果があるようです。
スプレーやジェルタイプなどいろいろあります。
超音波を発生する装置や、ハトがいるのを感知して水を撒く装置などもあります。
防鳥ワイヤー、有刺剣山などハト駆除の道具の種類はいろいろあります。
お家に合った使いやすい物を選んで実践して下さい。
ハトは一度その場所を気にいってしまうと、ハト駆除対策をしてもしばらくは様子を見に来ます。
そしてちょっとの隙を見つけ、その隙間を狙って突破してきます。
とにかく執着心が強いので、早めの対策を根気よく続け、突破されたら改良することが大切です。
それもまだハトの被害が軽い段階(休憩所ぐらいで時々立ち寄り糞害もまだ少ない程度)には効果があるかもしれませんが、糞害がひどく、巣をつくってねぐらにされている場合には専門業者に頼むことも検討されるといいかもしれません。