効率が上がるハト駆除方法

ハト駆除より防除が重要

ハト駆除より防除が重要 ハトはベランダの物陰などに棲みつきます。
一度棲みつこうと決めたら執念深く、追い払っても追い払っても戻ってこようとします。
またハトは鳥獣保護法で保護されていて、勝手にハト駆除することはできません。
棲みつかれる前に手を打つ必要があります。
ハト駆除よりもいかに防除するかが大事なのです。
もっとも効果的なのはやはり防鳥ネットを張り巡らすことでしょう。
しかし、ネットを正しく張らないと、執着心の強いハトは無理やりにでも侵入してこようとしますので注意が必要です。
ネットを止めるフックの間隔は短くして、壁面にも固定してたわんで隙間ができないようにしなければいけません。
また垂らしているだけでなく、下もしっかり固定する必要があります。
しっかりネットを張ったうえで、さらに市販の忌避剤を使用するといいでしょう。
スプレータイプをネットに吹きかけたり、ジェルタイプのものをベランダの柵に塗ったりするといいでしょう。
ハトは気に入った場所に何度も戻ってこようとしますので、根気強く使い続けることが大事です。

ハト駆除と防除方法

ハト駆除と防除方法 ハト駆除には主に鳩が嫌がる香りを発する、スプレーのような物を使用します。
鳩が飛んでいる周辺か鳩がやってくると思われる付近に撒くと、ハト駆除に効果を発揮して近寄って来なくなります。
低い所ではなく、高い所を飛んでいることがほとんどなので、スプレーを使う時は、家の屋根に上って撒くと効果的です。
スプレーの香りを鳩が嗅ぐと、その場にいるのを嫌がるようになり、逃げるようにどこかに飛んでいく可能性が高いです。
防除方法には、蛇のおもちゃを置く、ネットを張るなどが挙げられます。
蛇のおもちゃを鳩が見ると、天敵がいたと勘違いをして、その場をすぐに離れていきます。
ネットは、鳩が地面へ降りてきやすい位置に張ると、鳩が飛び込んでくれます。
ネットにぶつかった鳩は、地上に降りられないことから、ネットに何度もぶつかるうちに自然と諦めてくれます。
ただ、ネットを張っていると、お客の顔にぶつかることもあるため注意です。
鳩は夜間は動かないので、夜はネットを外すようにしたほうが無難です。