ハト駆除をする際の注意点

ハト駆除で鳩を追い払う時の手段とは

ハト駆除で鳩を追い払う時の手段とは ハトがベランダなどに棲みついてしまった場合には、そこで営巣・繁殖が行われる可能性があります。
その結果、騒音や糞害などに悩まされてしまうことも懸念されますので、早めに対策をとるようにしましょう。
ハト駆除の手段として物理的にハトがベランダなどに侵入することが出来ないようにするという方法があります。
具体的には、防鳥ワイヤーやネットを張ることでハトの侵入を防ぐことが出来ます。
また、ハトは先端が尖っているものを嫌うという性質があるため、ハトがとまるような場所に先の尖っている剣山などを設置するという方法もあります。
初期段階であれば、ハトの忌避剤を使用することにより、ハトを寄り付かせないようにすることも可能でしょう。
ハトは一度追い払っても、繰り返しよってくるものです。
ハト駆除には根気が必要となりますので、個人で行うのが難しいという場合には、専門の業者に相談し、それぞれの状況に合わせた方法を選択するようにしましょう。

ハト駆除が完璧に成功するまでにかかる期間とは

ハト駆除が完璧に成功するまでにかかる期間とは ハトは早朝から元気良く鳴くことも多く、鳴き声による騒音被害や糞による被害に悩まされている人も多いようです。
ハトの糞は、悪臭を放つことや汚れによって美観を損ねる、害虫の発生源となる、健康被害を引き起こすウイルスを媒介するなど、様々なリスクを高めるものと言えます。
そこで、ハト駆除を行うわけですが、中途半端な対策では駆除をするどころか、よりハトにとって安全な棲み家となってしまうこともあります。
ハト駆除の方法にもよりますが、ハトを完璧に駆除するまでに要する期間としては、年単位で考える必要があります。
3年ほどハトが棲みつかなければ、完璧に駆除をすることが出来たと言っても良いでしょう。
その間は、定期的に忌避剤を使用したり、ネットやワイヤーを使用する場合には、緩みや穴などがないかを確認するということが必要となります。
どのような方法で駆除を行ったとしても、ハトを駆除するということは難儀なことであると考える必要があります。