ハト駆除をする際の注意点

ハト駆除をする際の注意点

ハト駆除をする際の注意点 ハトは家やマンションのベランダに好んで巣作りをします。ベランダに出入りして良さそうな場所を探し、気に入ったら小枝など材料を運んできて巣を作り、つがいになって棲み始め、そのうち卵まで産みます。
ハトが棲みつくことによる害で一番気になるのは糞によるものでしょう。悪臭を放ちますし、寄生虫や病原菌の心配もあります。
しかし、ハトは鳥獣保護及狩猟に関する法律で保護されています。勝手にハト駆除をしてはいけませんので注意が必要です。
ハト駆除には届出が必要になります。ですのでハトが出入りするようになったと思った段階で速やかに手を打つ必要があります。
ハトは目的地に行く前に、一度止まって安全を確認する習性があります。自宅のベランダの周辺で様子を見ているハトがいた場合は要注意です。
ベランダに棲めるか検分している可能性があります。この段階で、テグスを張ったり防鳥ネットを設置して、ハトが入れない状況を作りだしましょう。
市販の忌避剤をベランダの手すりなどに塗布するのもいいでしょう。
また、糞が落ちていたらこまめに掃除し、巣の材料は直ぐ片付けましょう。

ハト駆除とハトの執念

ハト駆除とハトの執念 ハトは帰省本能が高くて執念深い鳥です。一度巣の場所を決めると簡単には出て行ってくれないので、ハト駆除は難しいものとなっています。
できるだけ早い段階で手を打つのがハト駆除の最も大事なポイントです。
ハトは目的地に行く前に安全確認をしてから移動します。たとえば行きたい場所を決めたら近くの場所で待機して様子を見ます。
もしも近くにハトが停まっていたら気を付けましょう。ハトがベランダに入って来る目的は巣や寝床を作るためです。そのまま放置しているとハトが入ってきて糞をしていきます。
糞の量が増えてきたら要注意です。ハトが安全地帯だと判断すると簡単には追い払えなくなります。糞を見つけた場合は速やかに掃除をしましょう。
糞があるとハトは安心して近寄ってきますし、害虫の発生源になったり金属を腐食させたりします。汚れによって美観を損ねたり、悪臭を放って健康被害を引き起こす可能性もあるのです。
実際にハト公害の大半が糞による被害となっています。